2014年9月15日月曜日

カンボジアDACC:マイエンザ制作

こんにちは♪カンボジア滞在より帰国したマヨです。

カンボジアでは、マイエンザが欠かせない存在であることは、以前よりみなまさにお伝えしてきておりますが実際にあちらで数週間生活をしてみると、マイエンザの威力をあちこちで実感することができます。

マイエンザを利用して即効果を実感できたのは、私の場合、悪臭へ対しての消臭効果でした。
カンボジアでは、ごみ収集をお願いしても、何日も何日も放置のまま、そのうち辺り一面悪臭が。。。そんなときマイエンザをスプレーするとその悪臭が軽減されます。
汚れ落としにも効果ありですし、何より使い続けることで、水質改善につながるというメリットもありますので継続使用が欠かせません。

そんなこんなで、マイエンザの消費量も大量ですので、短期間で次の制作が必要となります。

このたびは、8月奉仕体験リトリートの参加者である大学生が、リトリート終了後も延泊され、このマイエンザ制作にも取り組まれました。

~DACCメンバーより報告~

カンボジアDACCでは、今回マイエンザは全体実習ではしなかったものの、ウィンさんと参加者の大学生が作成しました。
ヨーグルトのみ手作りで、保温は保温器づくりの案も出て実験もしたのですが、結局、バケツ投げ入れサーモで温度を保てるよう、大学生がチェックしながら42度を保って24時間で10Lを仕上げたようです。

ヨーグルトも上出来の様子、マイエンザも発酵は順調でした。

日本の大学生に関心をもってもらえ、カンボジアで一緒に作って利用することを体験してもらえたことが良かったと思います。

2014年9月8日月曜日

マイエンザ講習会 in金沢ポンギー <森田>

マイエンザ講習会、なんとこのたびは石川県金沢市で開催しました~!
 開催したゲストハウスポンギーさんに泊まるのは初めてです。
ボランティア仲間として、オーナーのまさきさん、スタッフのゆうちゃん、まるちゃんとは個人的にはアジアの支援先などでお付き合いいただいていましたが、今まで一度もポンギーさんにお邪魔したことはなく、いつかは~~と思っておりました。

スタッフのまるちゃんとオラにて、開催のいきさつからお話しました。
そして、このたびはスタッフのまるちゃんとの夢叶い、ポンギーさんにて一昨日はセラピーをさせていただき、昨日はカンボジアシルクでの草木染め体験会を開催し、本日はマイエンザ講習会をさせていただくことができました。

 私たちは、ただマイエンザを作ることを目的としているのではなく、
マイエンザを通じて、カンボジアや、ミャンマーなど、
アジアとの橋渡しをしていけたらと思っています。
なので、作り方の説明に入る前に、えらく長い説明や、アジアの紹介が入ります。

説明を熱心に聴いてくださる参加者さんたち。
参加者の方たちは、長い前話も、とても熱心に聴いてくださいました。

ボールでシャカシャカまぜまぜ

 Global Heart Spaceの活動報告や、マイエンザの説明のあとは台所に移って、いよいよ作成タイムです。
砂糖と、イーストをしゃかしゃかと混ぜ、ヨーグルト、なっとうを一粒入れてまた混ぜます。お湯を入れて、保温したらあとは待つだけ。


作成後は、カンボジアから持ち帰ったレモングラスのお茶をいただき、
みなさんと楽しいひと時をすごさせていただきました。

ここゲストハウスポンギーさんは、継続的にアジアの支援をされており、
私たちの活動にもいつもご協力いただいています。
今回もスタッフ総出で本当によくしてくださいました。

なによりも、ポンギーさんのおもてなしの心が、
お客様に伝わっており、参加された方たち、一緒に宿泊されている方がたとのつながりにとてもあたたかいものを感じました。

私たちは、石川に事務局、福山に拠点をもっていますが、
石川・福山ともに、ここポンギーのように、「ただいま!」
と帰ってこれるような、あたたかい拠点にしていきたいものだと思いました。

ポンギーのまるさん、ゆうさん、そしてこころよく会場をご提供くださったまさきさん
ありがとうございました。