2015年9月4日金曜日

カンボジア報告 <by オラ>

カンボジアの私たちの拠点ダイレクトアクションセンター(DACC)から、マイエンザに関しての報告がはいりました。

*************
DACCでミャンマーの村の人3名で研修をしましたが、その際に、マイエンザを作りました。

ミャンマーで作るマイエンザは、少量なのと、もろもろの機材もそろわず感覚的にも使い勝手や実用の効果などが分かりづらいと思い、もう一度DACCで作り、同時に生活の中でマイエンザを使ってもらう事をやりました。

まずDACC内では生活に、洗濯、掃除、洗い物、犬のシャンプーや
溝・どぶの掃除など、全て毎日大量に使いますので
どんな風に使うとよいか、生活の中の状態は把握してもらえたと思います。
そして、10Lをまず一次で作り、100Lに培養しましたが
その際に、カンボジアのヨーグルトを増やして作ることもできました。

残念ながら、パン作りやオイルの充填などほかの作業も
沢山ありましたので、納豆培養まではできませんでしたが
温度を保って(お湯を使って湯銭にした)1日で作るという事も実践できたと思います。
*****************

以上、カンボジアからの報告でした。
短い滞在日程の中で、二次培養で100Lまで作ることができてよかったです。

ミャンマーと、カンボジアは距離も近く、ミャンマーから日本に来ることに比べて行きやすいこと、カンボジアの拠点は設備が整っていることから、(日本と比べると、環境的にはまだまだなのですが)
縫製の勉強や、マイエンザの講習などをカンボジアの拠点にて行っています。

ミャンマーの村の方々が、カンボジアでの研修が村に役立つことを祈ります。

2015年8月27日木曜日

ミャンマーでマイエンザ  <by オラ>

ミャンマーに訪問している仲間よりマイエンザに関する情報が届きました。日本と違って、いろんな面で苦労がありますね。

カンボジアの拠点では常駐しているスタッフがおり、
安定したマイエンザを作ることができるようになっています。

ミャンマーでは日本、福山の拠点『くまの園』で1ヶ月農業体験を経験されたミンウーさんが、ご自身の村でマイエンザをつくり、試用されております。
このたびは、また新たな村でもマイエンザ作りに取り組むことになりました。
こちらの村の皆さんはマイエンザ作りは初めての体験です。
以下ミャンマーからの報告です。

*****************
ミャンマーの村のみなさんとお寺でマイエンザ作りをしています。
ウィンさんの説明に村のみなさん真剣ですね!
ウィンさんから、みなさんに説明をしっかりして、作り方も講義をしてもらいそれから作り始めました。
村の皆さんは、ココナッツオイル作りがとても大変だったため、みんなで勉強しよう!と大勢若い世代がきましたが、え?それだけ?と
肩透かしを食らった感じで笑っていました。

そうは言えども、納豆やヨーグルトを今後作っていく事、
温度管理や作り方、状態を見て判断するなど
課題はまだまだクリアできているとは言えません。
割合の計算にしても、二次培養する方法にしても、
彼らが一番苦手とする分量通り、基本通りまずは
マスターして後は工夫、、ということができるかどうかです。


しかし、材料としたヨーグルト。今回はこちらミャンマーのものを
使いましたが、どうやら、明確ではありませんが、
牛乳をレモン水のようなもので固めたもの??と
思われるような代物でした。
酸っぱくへんな牛乳と言うか、何か油っぽいもので固まっていて
見た目には無糖のヨーグルトのようですが
全く風味がせず、酸っぱいだけです。

時間を間違えて、早く水を加えて失敗しましたが、
それもペーハーが早くも良い数字をだしていて
実は、まだ発酵がすすんでいないのに、
おそらくそのレモン水のようなヨーグルトで酸性になっている
のではと思われます。

全くもってマイエンザの匂いはせず、昨日仕込んだものは
今日はストップ。

早速、ヨーグルトの買い出しに出かけ、
交通渋滞に紛れながら、2,3時間かけて帰ってきて、
「さぁ、昨日の作ったものを皆さんでもう一度作りましょう!!」と
意気込んだものの、
お湯を入れる前までは温度の確認がとれていたのですが、
投入後には液体が45度以上になってしまい、
急遽、たらいに水を入れて冷ますということになりました。
なぜゆえに、温水の温度が高くなっていたのかはわかりません。。。
嗚呼。。。

村の皆さんには、同じ間違いを繰り返さないように、
温水を入れる直前にはもう一度
温水の温度の確認をすることをお伝えしました。

今は適切な温度管理で、プツプツと発酵して進行中です。

良いマイエンザができることを祈ります。
******************

その後よいものができたのでしょうか・・・

また報告させていただきます!



2015年8月10日月曜日

福山の田畑 <byオラ>

8月、毎日暑い日が続きます。

福山では田んぼにマイエンザを使用しておりますが、
畑にもマイエンザを使っております。
散布の様子はこちらのブログでご覧ください。

福山くまの園ブログ

以下は田畑の写真です。
オラは広島に在住で、福山には行ったり来たりの状況です。

朝の稲は朝露が先についてとてもきれいですよ。

青々とした緑が美しいです!!
 
トマトもおいしかったですよ~~♪
福山に帰るたびに、草はきれいに刈られ、野菜や稲が大きくなっています。

普段はくまさんが一人で手入れをやっています。
福山くまの園は、訪問、奉仕、歓迎します。
くまさんのいる『くまの園』にどうぞお越しください。

2015年5月27日水曜日

苗は大きくなっています! <byオラ>

発芽までにマイエンザの液につけたり、種まき時にマイエンザ500倍をかけた苗は順調に大きくなっています。
種まき5日目

種まき6日目

種まき8日目
  
種まき9日目


朝露をあたまにのせてとてもかわいいですよ!
6月13・14日は福山くまの園で、お手植えの会を開催します。
どうぞ福山、くまの園に田植えにお越しください。

田植えのご案内
遠方の方は宿泊も大丈夫です。
マイエンザの話もできるといいですね。

皆様のご参加をおまちしています。

2015年5月18日月曜日

ミャンマーからの報告<森田>

ミャンマーのミンウーさんから、うれしい写真が届いています。

ミンウーさんは昨年来日し、福山と石川で研修をされたミャンマー人の青年です。
昨年の福山くまの園での研修風景

ミャンマーに帰国されてからも、ご自身の田んぼで日々頑張っておられましたが、
このたびマイエンザのボカシをミャンマーにて作製されたそうです。

納豆もつくられたようです。

こちらは計量中のようですね。





ミンウーさんの村が、マイエンザによってもっと豊かになっていくといいですね。

福山くまの園より<森田>

マイエンザは福山くまの園にて作製しております。

ここくまの園では田んぼや畑に、使用しています。

こちらは『マイエンザぼかし』です。

畑の肥料として使用しています。

そしてただいま育苗中。

もみをマイエンザを入れた水につけました。

そして苗箱には、500倍のマイエンザを散布しました。

今年のマイエンザ国際大会での交流会では、マイエンザ田んぼを何年もされている方にお話をきいたところ、田んぼでは赤ミミズが大量に育ち、その糞で田んぼが赤くなるくらいで、その糞がまた雑草が育ちにくくして、除草剤がいらないそうだとお聞きしました。

私たちの田んぼの土作りはまだまだです。
少しづつすこしづつ変化はおきてくるのではないかと思い、これからが楽しみです。


2015年3月5日木曜日

カンボジアDACCより~2015年マイエンザ仕込み②

3月4日マイエンザ仕込み♪
3月に入り、ミャンマーから学生1名が日本語&技能集中研修に参加するためDACCにやってきました。
★DACCでの研修の様子はこちら

研修生(英男さんと呼ばれています)がDACCに来て翌日。早速、松永さん、ウィンさん、英男さんの男性陣3名は、バンテアスレイにある実習ファームへ。

実習ファームでは、マイエンザを利用した水で、育てている野菜や果物に水やりが出来るようにと、巨大タンクを設置されてきたとのこと。

ファームの管理人さん家族に、水浴びや食器洗いなどで使った生活排水も、マイエンザを混ぜて農作物に利用できるように考案、試作をされているそうです。

そして、研修開始3日目の今日は、農業実習に使うためのマイエンザ仕込みが行われました。

ちらりと見学に行ってみると。。。男性陣3人で行われているマイエンザ仕込みは、先月の女性たちの仕込みの様子とはだいぶ違い、かな~りおおざっぱに見えてしまいました(笑)
はい。とってもとっても楽しそうですけど^^

仕込み中も、研修生の日本語や衛生指導も兼ねての実習の大切な時間です。手洗い、アルコール消毒は念入りにされていました。

保温中のヨーグルト
ヨーグルトはパックのまんま、目分量で牛乳を減らして、そのままヨーグルト1カップを投入。温度計も使わず、ポットと炊飯器の間に挟んで保温。

しかし、松永さんの経験豊かな勘といいましょうか、いっつもすんばらしい出来で、失敗がほとんどありません。
毎回やり方も違い、なかなか私たちにはマネできません。
「全部勘や~~~っ」と!!松永さん。

マイエンザといえばウィンさんのDACCですが、ウィンさんも松永さんの前では・・・

「僕は温度計を使って、きっち~と測ってヨーグルトも作っていたんですがねー。こんなんで出来るんですね^^」とウィンさん(笑)

「そうじゃ~。わしにもようわからん」と松永さん(笑)

パックの中でヨーグルトもかな~りいい感じにできており、マイエンザ仕込みも順調の様子です。

左:ウィンさん、中:松永さん、右:英男さん
これまた今回は、松永さんの考案で、保冷ケースの中に直接マイエンザを仕込み、その中に日本から持ち込んだサーモと温度計を投入。1次培養は、40℃で6時間保温したのち、45℃で1日培養される予定とのことです。


それから、初の試みとしては、岩塩を直接仕込み中のマイエンザに投入されていました。

岩塩を投入
「わしゃ~この岩塩のミネラルが、マイエンザの培養にきっといい働きをしてくれるんじゃないかとおもっとるんじゃ~。農業用にわしがつかっとる菌の肥料?も結構なめたら塩辛いんでなーきっと塩はいいはずじゃ~」と松永さん。

男性陣のマイエンザ農業実験は続く・・・乞うご期待!

(reported by KABAKO)



カンボジアDACCより~2015年マイエンザ仕込み①

カンボジアDACCよりKABA子です。今年2015年の東南アジアの近況レポートです。

1月に広島でマイエンザプロジェクトの活動を行っているオラさん、その後2月には、くまさんがDACC入り。オラさんがカンボジア到着の頃に、ちょうどDACCで毎日使用しているマイエンザの残りが少なくなっていました。オラさんは、広島や石川でマイエンザ講習会を行われていますが、カンボジアでのマイエンザ作りは初めて。

グローバルハートスペースにまで感謝状を頂いて、これはアジアでのマイエンザ作りはぜひとも体験して帰国するべし・・・と早速にマイエンザ作り始動です。

まずは、ヨーグルト作りから。
日中は、研修準備にセダナに慌ただしく、夜遅くなってから、ヨーグルト仕込み開始。
今回も、近くのスーパーで購入した牛乳を鍋で温めて低温殺菌後、少し冷まして鍋でそのままヨーグルトを作る方法で、翌朝にはいいかんじに固まってました。





続けてマイエンザの仕込みです。今回は、2月に実施のアジアでの日本人対象の研修の会場にも持参して、掃除や実習に利用する計画で製作をすすめました。

日本ではあまり気にならないけど、アジアだとなんか雑菌が日本よりなんか強そうで気になるよね~とオラさん。使用する備品も念入りに煮沸&アルコール消毒です。

まぜまぜ。いつも日本ではペットボトルと足湯機で簡単に作れちゃうんだけどね~
2次培養は、このあと皆が研修でミャンマーへ出張のため、今回はタイミングが合わず、1次培養のみ。10Lを2本作ることにしました。サーモでの温度管理が難しいため、1週間培養で製作しました。この時期は結構朝夕カンボジアでも冷え込んでいました。

普段は備品整理に使っているプラケースにぬるま湯を貼って、サーモ投入。
しかし、タンクが浮いてきて少し不安定。。
重しの木を持って来て、なんとかいい感じに固定できました。
仕込みから1週間経過。。。オラさん、登美子さんは現地へ先にご出発ということで、わたくし1人でペーハーチェック。

GOODです!!いい香り、いい色に仕上がっていました。いい香りにそそられて思わず試飲?!

水で薄めて10L×2本完成!!
出来上がったマイエンザは、ペットボトルに小分けして、すぐに使う分は常温保存、残りは冷蔵庫へ保管。小さいペットボトルに入れたものは会場に持参し、活用しました。

研修の様子はこちらをご覧くださいませ。野外での実習に、会場のお寺での作務に大活躍でした!!

また、研修期間中にも、皆で簡単に作れる500mlペットボトルを使用して、作り方の体験もして頂きました。初めての日本人参加者の方々にも簡単に作れるマイエンザをご紹介させて頂くことができてよかったです。

東南アジアで活用され、少しでも生活環境が改善されることを願い、これからも地道に続けてまいりたいと思います。

(reported by KABAKO)

2015年2月14日土曜日

ミャンマーでのマイエンザづくり<森田>

ミャンマーでの合宿中に、参加されたみなさんと一緒にマイエンザを作りました。
参加者のかたの多くは、ご自身で作られた経験をされている人も多く、
マイエンザの講習はざっと流すようにさせていただいたあとに
皆さんに作っていただきました。
ドライイーストと砂糖はあらかじめ小さなタッパーに入れておき、時間の節約!
シャカシャカと材料を混ぜた後は、お湯を入れます。

 投げ入れ式のサーモスタットで、42度の保温を続けようと準備はしたものの・・・
日本とはいろんな事情が違いますね。

電気の接続が悪くて、たったの24時間なのですが、
どうしても温度を一定に保つことができません


サーモを投げ入れた、タライの中での培養はやめました(涙)

さすがのミャンマー、日中の日差しは日本の真夏です。

お日様での保温培養に変更~~~!!
天日干しでの作成に切り替えました~~♪

2日後にやっと完成しました!!
ミャンマーの皆さんは、日本人が帰国された後も、
継続してマイエンザぜひ使いたいといわれていました。

日本人参加者全員がそれぞれに作ったマイエンザ。

ミャンマーで、掃除に洗濯に大活躍してくれることでしょう!
これからが楽しみですね~~~!!

2015年1月27日火曜日

感謝状をウィンさんに! <byオラ>

マイエンザ国際大会に参加したのち、関空からハノイ経由でカンボジアに到着しました。

支援物資を預け荷物ギリギリいっぱい詰め込み、大荷物で一人でやってくることに慣れたとはいえ、発展途上の海外です。
DACC(ダイレクトアクションセンター)に到着して仲間の笑顔に会うとホッとしますね。

そして、まっ先に 滞在中のウィンさんに、
マイエンザ協会より、お預かりしてきた賞状をお渡しすることができました。

DACCブログ

私たちは、黒子のごとく裏方でやっている事が多く、
身近な家族でさえも、何をやっているのか・・というような仕事ぶりです。

下の息子と同い年のウィンさん。親子みたいですね♪
日々コツコツと、勉強も仕事も頑張っているウィンさんに
お届けすることができてよかったです。

そんな彼の地道な努力をしっかりと見ておられ、推薦してくださった曽我部先生。
ありがとうございます。

2015年1月25日日曜日

2015年マイエンザ国際大会出席 <byオラ>

昨日は、くまさんと2人、大阪で開催されたマイエンザ国際大会に出席してきました。

この大会は、マイエンザの生みの親でもある曽我部先生が
マイエンザを通じての普及と、会員間の交流を目的として、毎年開催されております。

マイエンザの開発者 曽我部義明先生

今年から、長期にわたってマイエンザの普及などに貢献された方々に、
マイエンザ協会より、感謝状が贈られました。

私たちの仲間でもあるミャンマー人のウィンさんは、曽我部先生直々に推薦状を出され、その対象者に選ばれたと事前にお聞きしていました。

ウィンさんは5年前に、スリランカで材料がない所から作製されたり、
日本の皆さんへ講習会を開催するなどしてこられました。
(私もウィンさんの講習を受けて、自宅でマイエンザを作り始めた一人です。)
ちょうどウィンさんは、カンボジアに滞在中ですので私たちGHSが、代わりにいただいてきました!!
ウィンさんへの感謝状
GHSでの活動はまだまだ小さな一歩です。
なんとそんな私たちにまでも 感謝状をいただきました!!
GHSへの感謝状

感謝状は、お一人お一人にそれぞれ内容が違っており、曽我部先生が悩みながらも一人ひとりに文章を考えられたそうです。
『表彰状』ではなく、『感謝状』としたかったこと、ご自身の名前を入れられないことなどをお聞きして、曽我部先生らしいな~と思いました。

賞賛されることとか、目立つことが嫌いなくまさんは、どこか謙虚な曽我部先生と似てる・・?
いただいた賞状は『福山には飾れない!』
と言っております。

私がちょうど明後日関空からカンボジアに発つので、
賞状はウィンさんと頑張っているカンボジアのメンバーに届けてこようと思います。

さて、GHS(グローバルハートスーペース)では、昨年に引き続き、
今年も発表のご依頼をいただき、今回はカンボジアやミャンマーでの活動報告を等身大で発表させていただきました。


広島での講習会
毎月数トン単位で出荷しているような企業さんもあります。
私たちの活動は、アジアでの自立支援につなげて行きたいという大きな夢はあるものの、
日々やっていることは、地味~な亀のような歩みです。


東京での講習会
しかし曽我部先生いわく、そのような地道な活動が大事ですとのこと。

歩みは微生物と同じような小さな歩みの積み重ねですが、これからも心してまいります!!

その後の交流会では、畑やお米づくりに利用されている方たちから、具体的な話をお聞きすることができました。
赤みみずのたくさんいる、元気なたんぼの土づくりからですが、これまた気の長い話で、
そうなるには一足飛びにはいきません。

また、全国からいろんな方が来られており、スリランカでシナモン栽培計画をされている方もありました。大掛かりな栽培計画のお話を聞いても、自分たちには、今できることからということで、亀のような歩みしかできないな・・
と思ったのが正直なところです。

男性方がされていてすごいと思ったところは、データーをしっかりとっておられるところです。

今後は、田んぼや畑も実験的に、マイエンザを使ったところと使わないところを差別化したり等、しっかりとデーターをとっていかないといけないと思いました。

お隣に座られた障がい者のNPOをされている方の話では、
行政や人々に伝えるには、データーがないと話しにならないそうです。
気がついたらよくなっていたというのでは、自分一人がやるにはいいけれど、仕事としてやるときには、そういった結果がわかるように記録してデーター化することが大事ということをいわれていました。
こちらは高校の先生が発表された資料です!
そういえば今回愛媛県の高校の先生が発表されたPPTでは、原価計算や、農作物の推移などいたるところに、数字がいれられておりました。

実は今回の発表の準備段階では、曽我部先生より、「結果がわかるように発表にいれてください。 」と言われていたのですが、『データーがないかも・・』と思っていたところ、
カンボジアで尽力くださっている松永さんがきちんと記録されておられました。

マンゴーやバナナなどの変化の記録データーをいただき、みなさんに目でわかるようにするのにとても役にたちました。
私が作った棒グラフも曽我部先生がもっとわかりやすく、さらに大きく色をはっきりと変えてくださっていました。

私たちがやっていることは営利活動ではありませんが、『記録とデータ―化』や『相手にわかりやすい表現』というのは私が苦手とするところではあり、今年はそういったところも、しっかりとやっていかねば・・・と思った次第です。

1年の早い時期に、このような機会に参加できて
気が引き締まりました。今年も1年しっかりとマイエンザにかかわって行きます!!
ありがとうございました。